スポンサードリンク

2011年02月04日

足湯で解毒デトックスフットバス

温泉などによくある足湯ですが、部分浴としてはこれも家庭で手軽に楽しめる入浴法のひとつと言えるでしょう。

家庭のお風呂ではなく、リビングやダイニング、寝室のベッドに腰掛ながらなどやり方は様々ですし、テレビを見ながらだけでなく、手浴と違って両手が自由なので本を読みながら、なんてことも可能です。家の中で場所さえ決めてしまえば非常に自由度の高いのが足湯です。

具体的に足湯に関してどんな効果があるのかと言えば、誰もが非常に冷えてしまいがちな足の指先までしっかり暖めることで、足の血流がポンプとなって全身がポカポカしてくることが特徴として言えるでしょう。全身浴をしなくても身体を温める効果を得られるので風邪を引いたときなどはやってみるといいでしょう。そのときはもちろん上着などを多目に着て、上半身も温かくして下さい。

また一時期フットバスなどが流行しましたが、身体の毒素というものは足の裏から出ていくことをご存知でしょうか。最近では通販やお店で簡単に安く買える専用のフットバスマシンを使えば、脚をお湯に入れておくだけで、お湯が茶色に濁るほど毒素を排出してくれるものもあるのです。いわゆるデトックスというやつですね。

フットバスの正しいやり方は実はあまり知られておりませんが、家庭でやる場合は洗面器やバケツにお湯を入れて足を暖めるわけですが、最大の注意点は、お湯の量です。熱めの42℃くらいのお湯を最低でも足首が全部入るくらい、できればふくらはぎをカバーできるくらいの量を用意して下さい。そこまで入れてあげないと効果は半減しますし、身体を温める時間もすごくかかってしまいます。

睡眠に入る1時間くらい前にフットバスをやると非常に安眠にも効果があります。けっこうなお湯を使ったりするので、洗面器の下にはバスタオルやバスマットを敷いておくことで床が濡れるのを防ぎましょう。

スポンサードリンク

posted by お風呂の神様 at 13:23 | TrackBack(0) | 足湯