スポンサードリンク

2011年01月16日

半身浴で疲労回復&ダイエット

半身浴の方法と効能について説明します。

半身浴とは文字通り、身体の半分だけお湯に浸かる入浴法のことですが、たびたびテレビなどでも取り上げられるため言葉を知っている人は多いかと思います。

ただし正しい半身浴の方法を知らなければ体調を崩してしまったり、期待した効果を得られなかったりするので注意です。

一番多い半身浴の目的はダイエット、次いで疲労回復、安眠などのためというのが半身浴をする理由として挙げられるようです。

ダイエットのためには発汗を促し、血行の促進をさせるのが大事です。
身体の芯から温まり、じんわりと汗をかく必要があります。

<半身浴の方法>

っこう知られていませんが、半身浴では足を伸ばして入ったほうがよいそうです。
もちろん各家庭の浴槽の状況にもよりますが、普通に座って足が伸ばせるならばそのようにしてお湯はおへそより少し上くらいまでにします。
浴槽が小さい場合には、お風呂用のイス(身体を洗うときに使うもので良い)を浴槽に入れ、その上に座ることで、少しでも足が伸びるようにします。

半身浴はリラックスを求めるためのものでもあるので、足が伸ばせていないと身体が窮屈に感じてしまいますし、長時間体勢を保つのも大変になってしまうからです。

お湯の温度は39℃くらいが良いでしょう。
リラックスするために心が落ち着くような音楽をかけたり、アロマで香りを楽しんでもよいです。

上半身を出す部分以外にはお風呂にフタをしたほうがいいです。
それは、お湯の温度を冷めにくくするだけでなく、テーブルとしても使えるからですね。
そこには乾いたタオルを置いたり、ペットボトルの水を置いたりして水分補給をしましょう。
発汗のためには入浴前に水分補給をするのが大事ですが、半身浴の最中の水分補給も忘れてはいけません。

あと、身体をあたためるのが目的なので、浴室はできるだけ温かくしましょう。温度調節ができない場合には蒸しタオルなどを肩にかけたり、濡れてもいいようなTシャツなどの上着を着ていてもいいでしょう。

このお風呂の温度は半身浴にとって非常に大事な要素です。これにより効果は全然違ってきます。
寒い浴室では身体が全然温まらないばかりか、リラックスするはずなのに逆にストレスがかかってしまったりするのです。

あと、入浴中はリンパマッサージをすることでダイエットも期待できます。老廃物を血液の循環と共に流して出してしまいましょう。

スポンサードリンク

posted by お風呂の神様 at 17:06 | TrackBack(0) | 半身浴