スポンサードリンク

2011年01月28日

疲労回復シャワーマッサージ

シャワーの水流でツボを刺激してあげることで、新陳代謝を活発にしたり、体調を整えたり様々なことができます。
生理不順や下痢、身体のむくみ、多汗、頭痛などはツボの刺激で調整できるので、簡単なものは覚えておきましょう。

ツボを刺激するときは温水シャワーと冷水シャワーを交互にかけると効果的です。また空腹時、食後40分程度の時間、激しい運動の後、アルコール摂取後などは入浴と同様に避けたほうがよいです。温水シャワーは若干熱めが適温。

<目の疲れ>
・目の周りに冷水シャワーを2分くらい。それと手首の外側の骨のところに温水1分+冷水数秒のセットで数回

<肩こり>
・肩全体を温水シャワーで温めて、そのあと肘の内側も温水シャワーで温める。

<腰痛改善>
・小指の付け根の外側に温水シャワーを数分、くるぶしのまわりにも温水シャワーを数分。

<頭痛改善>
・温水シャワーで首から肩にかけて温めて、手の甲側の親指の付け根にも温水シャワーで数分。

<便秘改善>
・左手首の内側に温水シャワー数分。おへそのまわりと背中の腰骨周辺にも温水シャワーを数分。

<足のむくみ改善>
・ふくらはぎの内側に温水シャワーで温め、外側を冷水数秒で冷やす。

<末端冷え性改善>
・手首の外側の骨(手の甲側)の手のひら寄りのところに温水シャワー。足は小指の付け根の外側に温水シャワー。

<安眠効果>
・耳たぶのうしろと足の指先を温水シャワーで温める。

<二日酔い改善>
・膝の裏側と足の甲に温水シャワー。

<眠気を飛ばす>
・まぶたを冷水で冷やし、首から背中を温水で温めて冷水数秒で冷やすを繰り返す。

<ニキビ・肌荒れ予防>
・顔全体を温水シャワーで温め、冷水数秒で冷やす。
・首の付け根(背中側と肩側)あたりを温水で数分温める。

<皮下脂肪改善>
・おへそのまわり(みぞおちから腰骨くらいの範囲)を温水で温め、冷水で数秒冷やす。

<抜け毛予防>
・頭のてっぺんに温水をかけて温め、冷水で数秒冷やす。

色々な効果があるので試してみましょう。
基本は数分間温水シャワーで各部位を温め、5秒程度の冷水で瞬間的に冷やし、また温めるというセットを3回くらい繰り返すのです。

スポンサードリンク

posted by お風呂の神様 at 16:33 | TrackBack(0) | シャワー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43012980
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック